引越し

車・バイク輸送の引越しと確認事項について

車・バイクを所有している場合、近距離の引越しであれば自分で運転しても問題はありませんが、遠距離の引越しであればそういうわけにもいきません。
そのような場合、引越し業者/専門の輸送業者に依頼することになります。
(実際、多くの引越し業者は輸送専門業者と提携しています。)

そして引越し業者と提携している輸送専門業者に依頼する場合、引越し作業の一部(家財の運送と一緒に見積もり)とみなされるため、比較的料金は割安傾向になります。
しかし単独の輸送専門業者に依頼する場合、どうしても割高料金になってしまうことを理解しておく必要があります。
(ちなみに輸送費は、「車種/重量/サイズ/台数/距離」によって変わってきます。)
引越しが決まれば、さまざまな手続き/荷物の梱包(ダンボール)などによって、時間だけが過ぎ去ってしまいます(忙しい)。
そうした手間暇を考えれば、車・バイクの輸送は多少割高になるかもしれませんが価値があると思います。

それと次に挙げることは、車・バイクを輸送するうえで忘れてはいけないことです。
車・バイクを輸送してもらう前に、必ず2つの確認事項をするようにしてください。

○車・バイクに積んでいた荷物を、すべて出してください。
よくトラックに入りきらない荷物があるから、車のトランクに荷物を入れる方がいます。
仮に何かしらの事故などによってトランクに入れていた荷物が破損/紛失したとしても、補償が受けられないケースもあるからです。

○車・バイクのキズの確認をしてください。
車・バイクを輸送する場合(輸送業者に引き渡すとき)、事前に依頼者立会いのもとで車両のキズを確認してください。
仮にキズの確認をしなければ、輸送中に付いたキズかどうかわからなくなってしまうからです。
それ故、車・バイクにキズがあれば、事前に写真を撮っておく必要があります。

最後に余談となりますが、新しい引越し先に着いたら、すぐに駐車場が使えるように契約を済ませておくことも忘れないでください。

最新投稿

  • 車・バイク輸送の引越しと確認事項について

    車・バイクを所有している場合、近距離の引越しであれば自分で運転しても問題はありませんが、遠距離の引越しであれば …

    続きを読む...

  • 引越し業者が取り扱いできない荷物について

    私たちの中で引越し業者は「何でも運送してくれる。」というイメージがあると思いますが、実は取り扱いできない荷物も …

    続きを読む...

  • 引越しの際に発生する不用品の処分方法

    引越しの準備をしていると、必然的に「これはもういらない。」という不用品が出てきます。 それと同時に、ある問題が …

    続きを読む...

  • 引越しと家電リサイクル法

    私たちが引越しをする時、4品目(エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機)の処分方法に十分気を付けなければなりません。 …

    続きを読む...

»アート引越センターはこちら