私はこれまでに何度も引っ越しの経験があります。
引っ越し前は荷造りが大変、引っ越し直前に資材が足りなくなることも・・・。
引っ越し後は荷ほどきが大変、次の日から仕事なのにダンボールの中から洋服を探したことも・・・。

ここでは私の「その日のうちに引っ越しを終わらせる方法!」をご紹介します。

1.引っ越しは「日曜日に行う」
平日は仕事、土日はお休み、そういう生活スタイルの人って多いですよね。
平日仕事から帰ってきてからの荷造りって、疲れているし・・なかなか進みません。
ここはいっそのこと「土曜日は丸一日荷造り!」「日曜日に引っ越し!」にしましょう。
休日の土曜日を丸一日使うことで、きっとあっという間に荷造りが終わると思います。
また引っ越しの日はとても疲れるので、土曜日は早めに休むことをお忘れなく!

2.引っ越しの時間帯は「朝イチ」を予約する
引っ越し業者にお願いする場合、来てもらう時間帯を選べますよね。
午後や夕方の指定だと、確かに料金はお安くなるのですが、ここは思い切って「朝イチ」を指定しましょう。
引っ越し業者にお願いすると、時間通りに引っ越しが終わらないこと、本当によくあります。
そうなると午後や夕方の指定では、開始時間が遅れてしまい、新居への荷物運び入れが日が暮れてからになってしまうことも・・・。
そういったことを避けるには、絶対に開始時間が遅れることのない「朝イチ」がオススメです。
たいていは、午前中のうちに新居への運び入れが終了し、午後は丸ごと荷ほどきに使えます。

3.荷ほどきには「友人ヘルプ」をお願いしよう
荷ほどきって、なかなか時間がかかりますよね。私は荷物が多い方なので、本当に苦労しました。
特に料理をする場合だと、食器や鍋の荷ほどきがとっても大変です・・・。
かといって、荷ほどきの為の人員を手配すると、料金が高額になってしまいます。
そんなわけで、ここは、「友人」にヘルプをお願いしましょう。
できれば(次回引っ越し時に手伝うことを前提に)引っ越し好きなお友達がベストですね。
午後から友人と一緒にオシャベリしながら荷ほどきを進めると、
私の経験ではだいたい18時ころには、ほとんどの荷ほどきが終了!、あっという間に片付きます。
その後、手伝ってくれた友人には、お礼としてご飯でもご馳走して(一緒に食べに行って)引っ越し終了~!です。

上記の流れで、私はその日のうちに引っ越しを終えることができるようになりました。
いかがでしたでしょうか? 参考になれば嬉しいです!