引越しにともなって、ライフラインの使用に関する手続きは忘れてはいけないものです。
その中でもガスは事故につながる危険も高いものであるため、手続きが厳密なものになっています。

ガスの開栓も、ガス会社の人が立ち会って行われます。
まずどこへ引っ越すにしても、元の住居についてはガスを止めなければなりません。

ガス会社へ連絡するにあたっては自分の「お客さま番号」を伝えなければならず、番号は毎月の検針が行われるときに通知されている検針票で記載されています。
そのほかに契約者名や現住所、引越し先の住所、連絡先なども連絡します。

そして実際にガスを止める作業があって人も来ますから、その日付と時間帯までを決めておく必要があります。
通常は引越しの当日になりますが、荷物を運び出す時間帯と重ならないようにするなどするとスムーズかもしれません。

作業としては設置されているガスメーターそのものの栓が閉じられることになり、そこで最終の検針日からその日までで使用した分のガス料金も精算されます。
もし自宅の建物自体を取り壊すという場合については、ガスメーターが取り外された上でガス管の切断という撤去作業もありますから、早い段階で連絡しておかなければ引越しの予定が狂ってしまうことにもなりかねません。

支払いは引越し先でも同じガス会社を利用することになれば、引き続き同じ口座やクレジットカードで特別に手続きはいりません。
ただ都市ガスからプロパンガス、その逆といった変更はあり得ますから、その場合にはガスコンロなどの機器もあらたに用意する必要があります。

またガス会社が変わるにしても変わらないにしても、ガスの開栓作業は必要です。
あらかじめガス会社を調べておいて連絡し名前や住所、電話番号、使い始める日付や時間帯を伝えておきます。

大体は荷物を運び出して新居へ到着してからとなりますが、ガス会社の人が来てガスメーターを開栓します。
さらにガスコンロや給湯器など、ガスを使用する機器について正常に点火するかどうかの確認試験も実施されます。