会社員でかつ転勤族になると2~3年で引っ越しをする人も少なくありません。早い人は1年足らずで全国もしくは海外に転勤する人がいるほどです。私もそうですが、かなり短い間隔で引っ越しを行っているので、多く引っ越しをした中での役立つ「小技」を紹介したいと思います。

・小物は必ず蓋付きの箱に入れること
 引っ越しをする際に、アクセサリーや時計等小物類が多い方は、普段よく使用するため、机の上や、玄関に置いていることが多々あると思います。種類が少なければ問題ないですが、種類が増えてくると、いざ引っ越しの際にまとめようとすると、うまくまとまらないことがあります。またものによっては壊れやすいものもあるため、引っ越し用の段ボールに雑多に入れることも難しくなります。そのため、私がおススメするのは、小物類を入れる箱を常に使用するようにすれば、引っ越しの際慌てて小さい箱を用意する手間もなくなると思います。普段からアクセサリーや小物類は専用の収納箱に入れるよう習慣付けておくとなお良いと思います。

・いらない洋服はなるべくとっておく
 引っ越しの梱包を行う際、割れ物については新聞紙でくるんでしまうのが一般的かと思いますが、昨今新聞を取っている人も少なく、包むための紙が十分でないときもあると思います。また引っ越し業者によっては、追加料金を払って包装紙を用意してくれる業者もいますが、ただの紙にお金を払うのももったいないと思います。そこで使えなくなった服(Tシャツ等)を捨てずにとっておくと、大変便利です。割れ物や取扱注意の物品を梱包する際、服で包むと、紙より丈夫なので、割れずに済みます。Tシャツ等の服も少し切って使うだけで、ものにあったサイズで使用できるため大変便利です。

割りと庶民的なアイデアかもしれませんが、やっておくだけで引っ越しの手間とコストが削減できるため、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。会社員でかつ転勤族になると2~3年で引っ越しをする人も少なくありません。早い人は1年足らずで全国もしくは海外に転勤する人がいるほどです。私もそうですが、かなり短い間隔で引っ越しを行っているので、多く引っ越しをした中での役立つ「小技」を紹介したいと思います。

・小物は必ず蓋付きの箱に入れること
 引っ越しをする際に、アクセサリーや時計等小物類が多い方は、普段よく使用するため、机の上や、玄関に置いていることが多々あると思います。種類が少なければ問題ないですが、種類が増えてくると、いざ引っ越しの際にまとめようとすると、うまくまとまらないことがあります。またものによっては壊れやすいものもあるため、引っ越し用の段ボールに雑多に入れることも難しくなります。そのため、私がおススメするのは、小物類を入れる箱を常に使用するようにすれば、引っ越しの際慌てて小さい箱を用意する手間もなくなると思います。普段からアクセサリーや小物類は専用の収納箱に入れるよう習慣付けておくとなお良いと思います。

・いらない洋服はなるべくとっておく
 引っ越しの梱包を行う際、割れ物については新聞紙でくるんでしまうのが一般的かと思いますが、昨今新聞を取っている人も少なく、包むための紙が十分でないときもあると思います。また引っ越し業者によっては、追加料金を払って包装紙を用意してくれる業者もいますが、ただの紙にお金を払うのももったいないと思います。そこで使えなくなった服(Tシャツ等)を捨てずにとっておくと、大変便利です。割れ物や取扱注意の物品を梱包する際、服で包むと、紙より丈夫なので、割れずに済みます。Tシャツ等の服も少し切って使うだけで、ものにあったサイズで使用できるため大変便利です。

割りと庶民的なアイデアかもしれませんが、やっておくだけで引っ越しの手間とコストが削減できるため、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。会社員でかつ転勤族になると2~3年で引っ越しをする人も少なくありません。早い人は1年足らずで全国もしくは海外に転勤する人がいるほどです。私もそうですが、かなり短い間隔で引っ越しを行っているので、多く引っ越しをした中での役立つ「小技」を紹介したいと思います。

・小物は必ず蓋付きの箱に入れること
 引っ越しをする際に、アクセサリーや時計等小物類が多い方は、普段よく使用するため、机の上や、玄関に置いていることが多々あると思います。種類が少なければ問題ないですが、種類が増えてくると、いざ引っ越しの際にまとめようとすると、うまくまとまらないことがあります。またものによっては壊れやすいものもあるため、引っ越し用の段ボールに雑多に入れることも難しくなります。そのため、私がおススメするのは、小物類を入れる箱を常に使用するようにすれば、引っ越しの際慌てて小さい箱を用意する手間もなくなると思います。普段からアクセサリーや小物類は専用の収納箱に入れるよう習慣付けておくとなお良いと思います。

・いらない洋服はなるべくとっておく
 引っ越しの梱包を行う際、割れ物については新聞紙でくるんでしまうのが一般的かと思いますが、昨今新聞を取っている人も少なく、包むための紙が十分でないときもあると思います。また引っ越し業者によっては、追加料金を払って包装紙を用意してくれる業者もいますが、ただの紙にお金を払うのももったいないと思います。そこで使えなくなった服(Tシャツ等)を捨てずにとっておくと、大変便利です。割れ物や取扱注意の物品を梱包する際、服で包むと、紙より丈夫なので、割れずに済みます。Tシャツ等の服も少し切って使うだけで、ものにあったサイズで使用できるため大変便利です。

割りと庶民的なアイデアかもしれませんが、やっておくだけで引っ越しの手間とコストが削減できるため、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。会社員でかつ転勤族になると2~3年で引っ越しをする人も少なくありません。早い人は1年足らずで全国もしくは海外に転勤する人がいるほどです。私もそうですが、かなり短い間隔で引っ越しを行っているので、多く引っ越しをした中での役立つ「小技」を紹介したいと思います。

・小物は必ず蓋付きの箱に入れること
 引っ越しをする際に、アクセサリーや時計等小物類が多い方は、普段よく使用するため、机の上や、玄関に置いていることが多々あると思います。種類が少なければ問題ないですが、種類が増えてくると、いざ引っ越しの際にまとめようとすると、うまくまとまらないことがあります。またものによっては壊れやすいものもあるため、引っ越し用の段ボールに雑多に入れることも難しくなります。そのため、私がおススメするのは、小物類を入れる箱を常に使用するようにすれば、引っ越しの際慌てて小さい箱を用意する手間もなくなると思います。普段からアクセサリーや小物類は専用の収納箱に入れるよう習慣付けておくとなお良いと思います。

・いらない洋服はなるべくとっておく
 引っ越しの梱包を行う際、割れ物については新聞紙でくるんでしまうのが一般的かと思いますが、昨今新聞を取っている人も少なく、包むための紙が十分でないときもあると思います。また引っ越し業者によっては、追加料金を払って包装紙を用意してくれる業者もいますが、ただの紙にお金を払うのももったいないと思います。そこで使えなくなった服(Tシャツ等)を捨てずにとっておくと、大変便利です。割れ物や取扱注意の物品を梱包する際、服で包むと、紙より丈夫なので、割れずに済みます。Tシャツ等の服も少し切って使うだけで、ものにあったサイズで使用できるため大変便利です。

割りと庶民的なアイデアかもしれませんが、やっておくだけで引っ越しの手間とコストが削減できるため、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。会社員でかつ転勤族になると2~3年で引っ越しをする人も少なくありません。早い人は1年足らずで全国もしくは海外に転勤する人がいるほどです。私もそうですが、かなり短い間隔で引っ越しを行っているので、多く引っ越しをした中での役立つ「小技」を紹介したいと思います。

・小物は必ず蓋付きの箱に入れること
 引っ越しをする際に、アクセサリーや時計等小物類が多い方は、普段よく使用するため、机の上や、玄関に置いていることが多々あると思います。種類が少なければ問題ないですが、種類が増えてくると、いざ引っ越しの際にまとめようとすると、うまくまとまらないことがあります。またものによっては壊れやすいものもあるため、引っ越し用の段ボールに雑多に入れることも難しくなります。そのため、私がおススメするのは、小物類を入れる箱を常に使用するようにすれば、引っ越しの際慌てて小さい箱を用意する手間もなくなると思います。普段からアクセサリーや小物類は専用の収納箱に入れるよう習慣付けておくとなお良いと思います。

・いらない洋服はなるべくとっておく
 引っ越しの梱包を行う際、割れ物については新聞紙でくるんでしまうのが一般的かと思いますが、昨今新聞を取っている人も少なく、包むための紙が十分でないときもあると思います。また引っ越し業者によっては、追加料金を払って包装紙を用意してくれる業者もいますが、ただの紙にお金を払うのももったいないと思います。そこで使えなくなった服(Tシャツ等)を捨てずにとっておくと、大変便利です。割れ物や取扱注意の物品を梱包する際、服で包むと、紙より丈夫なので、割れずに済みます。Tシャツ等の服も少し切って使うだけで、ものにあったサイズで使用できるため大変便利です。

割りと庶民的なアイデアかもしれませんが、やっておくだけで引っ越しの手間とコストが削減できるため、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。