引越しの準備はどこまでやっておかないといけないか把握していますか?

業者によってはしっかりと説明してくれる場合もありますが、時には抜けてしまっていることもあるので注意が必要です。
特に荷物の中でも家電製品についての取り扱いは重要です。

冷蔵庫はしっかりと処理しておかないと大変です

冷蔵庫は基本的に冷凍庫の霜の処理であったり、水気が残らないようにするためにも、引越し前日には電源を切っておく必要があります。
霜がついていれば溶けて水になりますから、それを掃除する必要もあります。
これをしないでいきなり引越ししようとすれば、当然トラックの荷台で溶けた霜から出た水分で他の荷物が大変なことになりますよ。
段ボールは水には弱いですから、下手をすれば荷物の搬入でトラブルになってしまうこともあります。
霜をとかしきって、水もキレイに拭き取っておくことを忘れないようにしていただければと思います。

冷蔵庫以外に引越し時に気をつけたいものは?

冷蔵庫だけではなく、空気清浄機、加湿器といったものにも水を使用しているケースは多いと思います。そうしたものの水気をしっかり取り除いておくことはいうまでもありません。
その他にも、業者によっては搬出時に対応してくれることもありますが、テレビなどのデリケートな大型の家電製品については自分で緩衝材を用意して梱包しなくてはいけないケースもあります。
どのような扱いになるのか、業者にしっかり確認しておくことも重要です。
また、特に近年ではパソコンの取り扱いは慎重になっている傾向があります。
中には有料でパソコンだけ引っ越し荷物とは別に搬送するという業者もあるほどです。
そこまでしなくても・・・という場合には、自力で運んでしまうという選択肢も選べます。
照明器具なども標準的なものであれば、搬出時に業者で対応してくれることもありますが、中には有料オプションとなっている業者もあるので、事前に確認しておきましょう。