坂戸 引越しをする前、した後にはそれぞれ手続きが必要です。
必要な手続きというのは、転出届・転入届・転居届です。
坂戸市内からの引越し、または市外からの引越しであるかによって必要な手続きが異なります。
まず坂戸市内から引越しをする際は転居届の提出だけで構いません。
市役所の窓口にある住所異動届出書に必要事項を記入し、本人確認書類(運転免許証、パスポート、写真付き住民基本台帳カードなど)を提示すれば手続きができます。
市内での引越しは転居届の提出だけでいいので簡単です。

坂戸市外から引越してくる際は、前住所の市町村区役所で転出証明書を交付してもらい、坂戸市役所に持っていきます。
転出証明書と本人確認書類を持っていけば手続きをしてくれるので難しいことはありませんが、引越す前に転出証明書を受け取っておく必要があります。
前住所が遠方の場合、わざわざ転出証明書を取りに行くのは時間もお金も手間もかかりますので、引っ越す前に市役所で交付してもらいましょう。
他の市区町村に引越しをする場合は転出証明書の交付が必須となりますので、忘れないように早めに交付してもらいに行く方がいいでしょう。
転出証明書を坂戸市役所に持参して手続きをすることで、転入届は完了します。
転入に伴い、国民健康保険、国民年金、介護保険、児童手当、小中学校の転校届けなど、該当する項目があれば一緒に手続きをしておきましょう。

転入届、転居届は坂戸市役所の市民課で手続きをすることができますが、注意したいのは新しい家に住み始めてから14日以内に手続きをしなければならない点です。
14日(2週間)は余裕があるようでいてすぐに過ぎてしまいます。
特に引越し前後は荷造りや片付けで忙しいですし、新しい生活の準備がたくさんあるので転入届・転居届をついつい後回しにしがちです。
手続きの期間は14日以内ですので、引越しをしたらまず最初に転入届・転居届に手続きをしておきましょう。