引越しの日時が決まれば、まず引越し業者を選定しなければなりません。
しかし、「大手引越し会社だから/単純に安いから」といった安易な理由で選んではいけません。
実は、引越し業者の選定にはチェックポイントがあるのです。
ここでは、いろいろある中で2つのチェックポイントについて触れてみたいと思います。

○口約束の見積もりはしない…
見積もりは引越し業者の営業マンがやることであって、当日引越し作業をする作業員が見積もりをしたわけではありません。
つまり、口約束の場合もあるということを認識する必要があるのです。
そして口約束ならないようにすうためにも、きちんと書面で見積もり内容を交わす必要があります。
また書面でも注意事項として、「料金50.000円~(から)/50.000円より~」といった言葉尻があった場合、十分気を付けてください。

○見積もりは複数社に依頼する…
引越しの見積もり鉄則として、必ず複数社から見積もりを取る必要があります。
何故なら引越しの適正価格を知るだけでなく、他社から出された見積もりを値引き交渉の材料として利用することができるからです。
ちなみに見積もりを貰ってすぐに結果を求める引越し業者は、依頼をするべきではないと思います。
(せかされる必要はありません。引越し業者を決めるのは、あくまでも私たちなのですから。)

また引越し業者の選定ポイントとして、次のこともチェック項目に入れる必要があります。
・電話をしたときの応対状況(1人でも言葉遣いが悪ければ、相対的にその引越し業者全体が悪い)。
・メールによる応対(ちゃんとした文面かどうかでも、その引越し業者の応対がわかります)。

もちろん引越し費用が安いに越したことはありませんが、単に安いだけが良い引越し業者であるとは言えません。
お客様に対する接客態度(営業)の良し悪しが、引越しをスムーズにすることも忘れてはならないのです。
こうした内容を踏まえて、失敗しない引越し業者を選んでください。