私が実際に引っ越しの際に活用した方法をお教えします。

離島から本島への引っ越しの際(または逆)、マイカーを手放す人や引っ越し先で車を新しく購入される方が多いかと思います。
その理由としては車をフェリーで運ぶと意外と料金がかかるからです。
車輸送代金+運転手+フェリーでの宿泊代などで20~30万近くかかってしまうかと思います。
さらに同乗者がいればプラス料金がかかってしまい、そうなるとその車を売却し引っ越し先で新車の頭金などにして
新車を購入する方が良いと考えてしまいますよね。
引っ越し業者に依頼しても総額50万くらいしてしまうし、まだまだ乗れる車なのに。。。と思われる方も多いと思います。
そこで私が実際に活用した方法をお教えします。

それはフェリーではなく貨物船に車を運んでもらう方法です。
貨物船での運送は遠い場所ですと経由地が多いため届くまでに4、5日かかってしまう事もありさらに人は乗れません!
ですがその分費用的には約5万円以内と大変安いです。引っ越す事が明確に決まっていれば早めに飛行機のチケットを予約すれば
低価格なチケットですと一人1万円もかかりません。先に引っ越し先に着いて港に車が届く際に受け取りに行けば引っ越しの費用は10万円もかかりません。
さらに知らない土地や初めて首都高などの運転が心配な方は「ドライブコンシェル」という業者を利用することをオススメします。
この業者さんは港についたマイカーを自宅まで届けてくれるサービスを行っています。料金は運送距離によって格差はありますが、
私の場合は東京の港(場所は忘れました)から茨城県南部の方までで8万もしませんでした。
しかも荒業ではありますが、車の中に家電製品をつめるだけ詰めて持ってきてもらいました。これは実際にはいけない事なんですが、
車内検査がないのでここぞとばかり詰め込んで、洋服などは日付を指定し宅配便などで送りました。
ですので車を運んできてもらった際に軽く注意は受けましたがブラックリストなどに載ったり、追加料金が発生するわけではありませんでした。

このような荒業や貨物船を使うことで引っ越し費用を格安に抑え、引っ越し先でも家電を購入する金額も抑える事が出来、車を購入することもなく
引っ越しをする事が出来ます。あまりオススメは出来ない内容もありますが費用を抑えることが出来る方法のひとつとして紹介いたしました。