引越しが決まったら、市町村・区役所でさまざまな手続きをしなければなりません。
その手続きの1つに「転出届」があります。

転出届とは、今まで住んでいた市町村・区役所から出ていく場合に提出する届です。
そして市町村・区役所で転出届用のフォーマットに記入→提出すれば、「転出証明書」が発行されます(=ほとんどの地域で無料)。
また発行された転出証明書は、新居に引越した時に手続きする「転入届」に必ず必要になるので、大切に保管しておいてください。

そんな転出届ですが、いつ頃までに提出すればいいのでしょうか。
実は転出届の場合、それぞれの市町村・区役所によって違っているのです。
例えば「引越しが決まればいつでも」というところもあれば、「引越しの14日前からしか受け付けない」というところも…。
ちなみに転出証明書を発行せず引越しをしてしまった場合、新居に引越して2週間以内であれば転出証明書を発行してもらうことができます。
ただし近距離であっても遠距離であっても、この2週間は変更されません。
どちらにしても事前に転出証明書を発行しなければ、時間的にも非常に逼迫してしまうことを覚えておいてください。

最後に転出届に必要なモノを明記しておきます。
○本人を確認できるものを持参(運転免許証や健康保険証)。
○印鑑(印鑑であれば何でも構いません)。
○国民健康保険証(これも一緒に返納すると手間を省くことができます)。
○印鑑登録カード(これも一緒に返納すると手間を省くことができます)。
また転出届は、本人が市町村・区役所にいって手続きをしなければなりません。
どうしても本人が来れない場合、親(妻)などが代理人として手続きすることができますが、委任状が必要になることも覚えておいてください。
(委任状のフォーマットは、市町村・区役所でダウンロードすることもできます。)

これが転出届の内容です。
とにかく引越しをする際、絶対に必要な手続きであることを理解しておいてください。