・電気のスイッチやコンセントの位置を把握しておく
引っ越したあと真っ先にやっておきたいことは、電気のスイッチやコンセントの位置を把握しておくということです。はじめて住むところだと電気のスイッチがわからないということが多いです。そのため適当に押してみてこのスイッチはどの照明のスイッチなのかということを把握しておくと、そのあと快適に過ごすことができるようになります。またコンセントについても場所をしっかりと把握しておくと、うっかりそばにあるコンセントを見落としていたため、コンセントが足りないといった事態を防ぐことができます。
・自転車はすぐに使える状態にしておく
自転車はすぐに使える状態にしておくことがポイントです。なぜかというと足りないものがあるときに、買い出しにいこうと思っても自転車がないと不便なことが多くなる可能性があるからです。たとえば近くのコンビニにいこうと思っても、田舎だと自転車がないと徒歩でいくのは厳しい場合が多いです。またコンビニならいいですが、スーパーとなると自転車がないといくことができない場合もあります。そのため自転車についてはしっかりと整備しておき、すぐに乗れる状態にしておくことをおすすめします。そうすることで徒歩に比べると行動範囲が一気に広がるため、徒歩ではいくことができない場所にも余裕でいくことができるようになります。引っ越しのあとは後回しにしやすい自転車ですが、しっかりと整備しておくことが欠かせません。