引っ越しすると税金はどこから請求される・どこに申告するかご存知ですか?

ご自身で確定申告をされていらっしゃる個人事業主の方の場合には、住民税の支払いと、所得税の支払いのための確定申告について、引っ越しをするとどうなるのか悩まれることが多いと思います。
特に引っ越しをしたのに前に住んでいたところから住民税の支払い用紙が届いて「間違いかな」と思われる方は多いでしょう。
ですがこれは間違いではありません。
住民税というのは、その年の1月1日時点で住んでいたところから請求されるものなのです。
それに対して異なるのが所得税です。

引っ越ししたら確定申告の提出先はどこになる?

所得税を確定させるために行う確定申告は、住民税とは異なり、申告する時点で居住している住所を管轄している税務署に申告することになります。
住民税と同じで1月1日に住んでいた場所を管轄する税務署に行く必要はありません。
ややこしいのでどちらかに統一してほしいところですが、引っ越しをすると確定申告以外にも税務署で届け出をしなくてはならないものがあります。
「納税地の異動に関する届出書」というものを提出するのですが、これは引っ越し前と引っ越し後それぞれを管轄する税務署に行う必要があります。
これは特別期間は定められていませんが、できるだけ引っ越ししてから日が浅いうちに行っておくのが良いでしょう。