引越し前と同じように引越しをした後、私たちは市町村・区役所でさまざまな手続きをしなければなりません。
その手続きの1つに「転入届」があります。

引越しをした後、何かとバタバタしていると思いますが、転入届は「引越した後、14日以内に手続き」をしなければなりません。
まず引越し先の市町村・区役所に行って、転出届のときに発行された転出証明書を持参して手続きを行ってください。
(ちなみに新しい引っ越し先が同じ市町村・区役所だった場合、転出届/転入届も必要ありません。ただし「引越した後、14日以内」に転居届の手続きをしなければいけません。)

先ほど転入届は「引越した後、14日以内に手続き」と明記しましたが、もし14日を過ぎても転入届の手続きができなければどうなるのでしょうか。
もちろん14日を過ぎたとしても、転入届の手続きをすることはできます。
ただし、裁判所から過料を請求される場合もあります。。
どちらにしても、迅速に転入届の手続きをするようにしてください。

そして、ここからは転入届に関するいろいろについて明記したいと思います。
○転入届を行う場所→引越し先の(管轄)市町村・区役所。
○転入届をする人→基本的に本人/世帯主で、本人/世帯主がどうしても来れない場合、代理人を立てることができます(その時、委任状が必要になります)。
○転入届に必要なもの→転出証明書/身分を証明できるもの(印鑑登録の際に必要)/印鑑(認印)/印鑑登録する場合はその印鑑(印鑑登録カード作成)。
もし転出証明書を紛失してしまった場合、転出証明書を発行してもらった市町村・区役所で「転出証明書に代わる証明書」を発行してもらい手続きをすることができます。
○転入届と同時に終わらせてしまいたい手続き→国民健康保険/国民年金/老齢年金/乳児医療/老人医療/印鑑登録カード/子ども手当。
○引っ越し先が変更になった場合→転出証明が発行された後、引越し先が変更になった場合、その転出証明書で転入届を行うことができます。