引越しをすることになった時、しなければならないことの1つに子どもの転校手続きがあります。
この項では、子どもの転校手続きについて触れてみたいと思います。

○旧住所でしなければならない手続き…
・遅くとも新住所に転居する1ヶ月前までに、学校の担任に引越しの旨を報告します。
・小中学校にある転校届を提出します(印鑑添付)。
・小中学校から発行された「転校確認書」を旧住所の市町村・区役所に持っていき、「転出届」の手続きを行います。
・市町村・区役所から「転出証明書/転出学通知書」が交付されます。
・小中学校へ転出学通知書を提出した後、「在学証明書/教科書給与証明書」の発行を受けます。
(転校するまでに、納入済の教育費の清算も済ませてしまいます。)

○新住所でしなければならない手続き…
・転校する小中学校に電話をして、手続きの日程/転校に必要なモノ等々を確認(相談)しておきます。
・新住所の(管轄)市町村・区役所で、転入届を提出手続きした後、すぐに新しい住民票を発行してもらいます。
・発行された「住民票/転出証明書/在学証明書」を持って市町村・区役所の教育委員会へ行き、転入手続きを行い「転入学通知書」を交付してもらいます。
・新住所の小中学校学校に、「在学証明書/教科書給与証明書(旧住所で発行)/転入学通知書(新住所で発行)」を提出すれば、小中学校の転校の手続きは完了です。

こうした転校手続き以外に、子どもに対するケアも必要になってきます。
・転校先の担任が決まっていた場合、子どもの性格/家庭での様子などを知らせる。
・通学路に危険な場所がないか、子どもと一緒に歩いてみる。
・転校先の小中学校で、使えるモノ/使えないモノをチェックする(教科書・体操服・図工道具など)。

最後に…子どもにとって転校は一大行事であり、さまざまな不安(ストレス)を感じることもあるはずです。
そうした子どもの不安をちゃんとフォローすることも、親の役割だといえます。