引越し業者の選び方にはコツがあります

引越し業者さんを頼む時には、まず、ご自身のお宅の引っ越し荷物がどういうものがあって、引っ越し先の間取りや入口など搬入口となるところはどこか、考えてみてください。
例えばマンションでも1Fではなく上層階だったり、戸建てでも大きな冷蔵庫を運び込むのに2Fにキッチンがあるといった場合では通常の引っ越しとは違う方法で行われることもあるのです。
その場合には、大切な家電やインテリア、住居に傷がついたり破損させることなく運び込む技術を持っている引っ越し業者に頼む必要があります。

引越し時にクレーンを使って大型インテリア・大型家電を運び込むケースもあります

例えば戸建て住居で2Fに寝室があって、玄関は大丈夫でも狭く、大きなベッドを搬入するだけのスペースがない、という場合にはどうしたらいいと思いますか?
この場合、手吊りなどの方法で上にベッドを引っ張り上げて搬入することになります。
もちろん2Fにキッチンがあって大型の冷蔵庫を運び込むという場合でも同じことになります。
特に重さもあるインテリアや家電の場合には、手吊りではかなりリスクも大きくなってしまうため、「クレーン作業」にたけた専任スタッフを配置している引っ越し業者もあるのです。
手で吊り上げるのではなく、きちんと機械を使って搬入することになるため安心で安全でもあります。
必要性に応じて探す引越し業者のタイプも考えなくてはいけないということも覚えておいていただければと思います。