私たちは、市町村・区役所で実印を登録しています(印鑑登録カード)。
もちろんその実印は、現在住んでいる市町村・区役所で認められたものです。
では私たちが引越しをした場合、実印(印鑑登録)はどうなってしまうのでしょうか。
実は、実印は住んでいる市町村・区役所に登録された印章のため、引越しをすれば必然的に「登録抹消/再度登録」の手続きを要しなければなりません。

○印鑑登録(実印)の登録抹消/再度登録…
引越しが決まると現在住んでいる市町村・区役所に転出届を提出するのと同時に、実印を登録した時に交付された「印鑑登録証」を持って印鑑登録の廃止手続きを行います。
通常、転出届を提出/印鑑登録証の返却によって、今までの印鑑登録は抹消されます。
そして新しい引越し先で印鑑登録をする場合、新住所の市町村・区役所に「登録する印鑑(実印)/身分証明書(運転免許証やパスポート)」を持っていき印鑑登録の手続きを行います。
(ちなみに転出証明書と転入届を提出する時に印鑑登録を済ませれば、手間を省くことができます。)

ここで印鑑登録に関するポイントをチェックしておきます。
・印鑑登録は各自治体(市町村・区役所)ごとに運営されているため、若干の違いを生じる場合があります。
 例えば自治体(市町村・区役所)によっては、転出届を提出した時点で印鑑登録が自動的に抹消されることも…。
・基本的に印鑑登録/印鑑登録の抹消は本人(世帯主)がしなければなりませんが、どうしてもできないのであれば代理人を立てて申請することもできます。
 その時、必ず委任状が必要になります。
 (委任状フォーマットを取得し、自筆で記入します。また自治体によって委任状の内容が異なるため、必ず各市町村・区役所のホームページ等々で参照してください。)

このように引越しをすると同時に、今までの印鑑登録を抹消しなければならないことを覚えておいてください。
そして、新しい引越し先で必ず印鑑登録をするようにしてください。