転出届/転入届/転居届は新たに別項で明記するため、ここではそれ以外の「引越し手続き一覧表」について触れてみたいと思います。

○郵便局への転居届…
引越し1週間前までに、旧郵便局の所轄郵便局で転居届のハガキを得てください。そしてそのハガキに記入して投函すると、向こう1年間新住所に転送されます。
○新聞…
引越し1週間前までには、新聞販売店へ解約を申し込み精算してもらうようにしてください。
(なかには解約/清算をしないで、そのまま引越す方が…これは人道的にやってはいけない行為です。)
○電話…
局番なしNTT「116」へ連絡して旧電話番号を解約すると同時に、その場で新電話番号を選ぶことができます(工事予約も入れてください)。
(ちなみに、携帯電話の場合も連絡を要します。)
○NHK(公共料金)…
「0120-151515」へ連絡してください。
○ケーブルテレビ…
契約した営業エリア以外に引越す場合、引越し10日前までにケーブルテレビを解約してください(その日までの精算と機材回収)。
○パソコン…
各人がプロバイダ登録していると思うので、インターネットで各案内に従ってください。
(最近では、オンラインで変更手続きすることができるようになっています。)
○運転免許証…
新居に引越した後、所轄の警察署/運転免許センターに行き、運転免許証の住所変更をしてください。
その時、「運転免許証/印鑑/新住所を証明できるモノ」が必要となります。
○自動車の登録変更…
新住所転入して15日以内に、引越し先の陸運事務所に連絡して手続きを行ってください。
必要なものとして=車庫証明/車検証/新住民票/印鑑/車。
○ペット…
新住所(新居)の管轄保健所にペットに関する書類を提出し、新しい鑑札を受けてください。
○各種保険の住所変更…
直接、生命保険会社などへ住所変更の電話を入れてください。

ここに明記した手続きからもわかるように、手間暇がかかることが容易に想像できると思います。
「まだ時間はタップリある。」と思うのでなく、早め早めの準備が引越しには必要なのです。