荷造りは荷造りするときだけではなく出すとき・運ぶときのことも考えて

荷造りをするのは引っ越し作業の中でもかなり労力を必要とする作業ですよね。
ですが大切ななのは「箱に詰め込むこと」だけではありません。
もちろん引っ越しトラックで運んでもらうのですから壊れないように考えて梱包する必要もあります。
そして「新居で再度生活をスタートさせるために荷解きをするときのことを考える」ということをしておくと引っ越しが効率よく進められます。
荷解きをするのもまた荷造り以上に労力を必要としますから、例えば同じ部屋、同じ収納にしまうものは一緒にまとめておく、しばらく開けなくてもよいものはとりあえずまとめておく、などという風に梱包しておいて箱を開ける前に何が入っているのかわかるようにしておくこともおすすめです。

引越しの荷造りで靴の扱い方はどうしたらよい?

荷造りの中でも扱いにくく悩んでしまうのが「靴」です。
特に女性はハイヒールやブーツといった靴もあります。
無理やり箱詰めして型崩れしてしまってはもったいないですから、しっかり荷造りしておきましょう。
まずはほかのものに汚れが付かないように、一足ずつビニールに入れる、靴についた汚れは落としておくという作業から。
それが終わったら箱詰めですが、縦ではなく、横に、一組づず靴底を外側に向けて詰めていきます。
購入時の箱があれば利用するのが一番ですが、ない場合も多いと思います。
その場合はこのように梱包しておくと
型崩れも汚れが広がってしまうということもありません。