引越しの見積もりをインターネット等々でチェックしてみると、ある疑問が生じます。
「見積もりも引越し業者の仕事なので料金が発生すると思うのですが、ほとんどの場合、見積もり無料となっているのは何故?」
実は引越し業者の見積もりは「標準引越運送約款」によって、次のように取り決められているのです。
「見積もりの段階で内金や手付金を請求してはいけない。」

しかし標準引越運送約款にも拘わらず、見積もりでお金を請求される場合があります。
それは、「正当な理由がある」場合と「悪徳業者」の場合です。

もし引越しの見積もりを依頼した後、見積もり料金を請求された場合、違法業者の可能性が高いので、すぐに引越し契約に関することをすべて白紙に戻すべきです。
そして見積もり料金だけでなく、「手付金/キャンセル防止代」も標準引越運送約款に違反した行為です。

ちなみに「正当な理由がある」場合は、引越し業者は事前にお客様に通知の義務があります。
確かに特殊なケースも存在するわけで、その場合、引越し業者は利用者に対して見積もりが有料になる理由も説明する必要があります。

こうした理由から、引越しの見積もりは無料になっているのです。
ここで、もう1つ注意する点があります。
見積もりが無料であるがために~仕事を早く決めたいがために、引越し業者の中には契約を急ぐ場合があるということです(依頼して2~3日後)。
優良な引越し業者は、見積もり期間も仕事の想定範囲として考えているので契約を急かせることはしませんが、そうでな引越し業者は…。
これらの要素も、引越し業者を選定するうえでの基準になる野です。

どちらにしても引越しの見積もりは、引越し自体の相場を知るうえで重要な判断材料になります。
私たち利用者は引越し業者の見積もり無料を通して、引越しのノウハウも覚えることができるのです。
そしてくれぐれも引越しの見積もりを有料料金として請求する業者に出会ってしまった場合、早急な対応をする必要があるのです。