当然のことですが、引越しにも相場があります。
その相場を調べるため、数社に見積もりを依頼することによって比較検討して、最終的に引越し業者を決定します。
こうした引越し業者の見積もりを「見積もり合わせ」といいます。

そして見積もり合わせ自体、引越し業者もそれを前提にしている為、普通は強引な営業活動をすることはありません。
もし引越しの見積もり依頼をしたことで、強引な営業活動をしてくる引越し業者が現れた場合、事前に「他社と見積もり合わせをしています。」といって釘を打ってください。
(ちなみに、その時点で強引な引越し業者は比較対象から外すべきです。)

また引越しの見積もり合わせをする場合、少なくとも3社程度、同じ条件で依頼するべきだと思います。
何故なら3社を比較することによって引越し相場はもちろんのこと、各引越し業者の特徴(良いところ/悪いところ)がハッキリと見えてくるからです。
それによって(さまざまなサービス)、値段だけでは決めらないというシチュエーションに…。

さらに見積もり合わせで良い評価を得た引越し業者であっても、即決できないこともあります。
例えば、引越し業者の営業マンの対応が良くない/どうも引越し利用者と営業マンの相性が良くない等々…。
「1人の営業マンと接すれば、会社全体の雰囲気がわかる。」というように、営業マン/引越し作業員のマナーが、引越し業者を決める判断基準にもなっているのです。

上記に明記したことを考えれば、引越し業者を決定するには…
「引越しに関して利用者がもっとも何を重要視しているのか、そして引越し業者の利用者に対する真摯なマナー。」だと思います。

これから引越し業者を利用するみなさん…是非とも、見積もり合わせを有効活用して頂きたく思います。
そして、見積もり合わせだけに結果を流されないようにしてください。
自分自身にとって、何が一番重要なのか…それが気持ち良く引越しをするキーポイントになります。