引越しをすることが決まった時、すぐ頭に浮かぶのは「引越し業者はどこに決めようか!」ということです。
それは、できるだけ引越し費用を抑えたいということに通じます。
そのためには、まず自分自身の引越しに対するイメージを明確化しなければならないと思うのです。
そこで、引越しの見積もり方法の考え方について触れてみたいと思います。

まず考えなければならないこととして、「自分自身がどういう引越しをしたいか。」ということです。
それをイメージしなければ、引越し業者に見積もりを依頼しても何事も前に進みません。
「予算・引越しの日程・作業内容」等々、引越しに関する項目を洗い出し優先順位を付けてください。
これをすることによって、漠然ではありますが自分自身が考える見積もり方法が見えてくると思います。
ちなみに優先順位を付けなければ、引越し業者との交渉(かけ引き)も上手くいかない可能性があります。

ここで予算を優先順位の1番とした場合の、見積もり方法について考えてみたいと思います。
・各引越し業者が用意している「早期割引サービス(割引率)」を比較する。
・引越しの繁忙期2月~4月を避ける。
・土曜日/日曜日/祝祭日の引越しを避ける。
予算をメインに考えただけでも、こうした内容を思い付くことができます。

そして実際に引越し業者に見積もりを依頼した後、私たちはどのように交渉をすればいいのでしょうか。
(引き続き、予算を優先順位の1番とした場合)
考えられることは、他社引越し業者との比較に訴えることです。
「A社は~円だけど、B社は~円で引越しができる。」
他社引越し業者にも見積もりを依頼していることを把握させることによって、さらに見積もり金額を安く抑える可能性が出てきます。
また引越し業者を絞り込んだ時、(最後の判断)訪問見積もりを依頼するのも手だと思います。

このように自分自身の中で引越しの見積もり方法を明確にすることで、交渉すべき項目がわかるだけでなく、自分自身が納得できる引越しを進めていくことができるのです。