近年、引越しのマナーを軽んじる傾向にあるようですが、「向こう三軒両隣」と言ったように万が一の迷惑に備えて、やはり引越しのマナーとしてきちんと挨拶をするべきだと思います。
では挨拶をするうえで、何を注意すればいいのでしょうか。

○マンションやアパートの場合…
隣接している両隣、そして物音なので迷惑を掛けるかもしれない階下の家は、引越しのマナーとして挨拶を忘れてはいけません。
また、これから何かとお世話になるであろう管理人への挨拶をお忘れなく。

○一戸建ての場合…
マンションやアパートと違い一戸建ての場合、何かと顔を合わせる機会が多いと思います。
それ故、両隣はもちろんのこと、お向かい/裏側の家にも挨拶をするようにしてください。
また一戸建ての場合、自治会に入会することになるので、地域の人たちとより良い関係を築くため自治会長にも挨拶をするようにしてください。

そして引越しのマナーとしての挨拶の時期ですが、前日/当日とチャンスがあれば、なるべく早い時期に挨拶を終わらせてください。
(挨拶が終われば、気分的に楽になります。)

また引越しのマナーとしての挨拶でちょっとした品物を持っていくわけですが、どのような品物が良いのでしょうか。
最も一般的なのが日用品雑貨で(タオル/洗剤/キッチン用品など)、一般的な金額は500円~1.000円です。

ここまで引越しのマナーとして挨拶を中心に明記しましたが、最後に「引越し作業員への心付け」について触れてみたいと思います。
引越し作業員への心付けは、基本的に必要ありません。
しかし、昔からの習慣となっていることを考えれば…。
心付けの金額は、引越し作業員1人に対して1.000円程度が一般的です(できればまとめて代表者に渡すのではなく、一人ひとりに渡してあげてください)。
そして心付けを渡すタイミングとして、引越し作業員が到着した時が良いと思います(引越し作業が始まる前)。
その時、「今日は宜しくお願いします。」と言葉を添えてください。