今まで子供が生まれてから3回ほど引っ越しをしてきました。近くに預かってくれる家族がいなかったので、子供を連れながらの引っ越しです。
最初は段取りが悪く、埃の舞う部屋にいさせてしまったこともありましたが、回数を経て子供連れの引っ越しにも慣れてきましたのでお子様連れのご家族の方のお役に立てればということで、こちらでお知らせしたいと思います。
まずは引っ越しに向けての事前準備です。小さいお子様連れ(5歳ぐらいまででしょうか。)で一番困るのが思ったよりも梱包が進まないということです。部屋の大きさにもよりますが、1か月くらい前から梱包をスタートします。早めに引っ越し業者さんから段ボールをもらってください。そして一部屋に引っ越し部屋を作り、そこの部屋から梱包作業を始めます。必要なものは別室に移し、梱包していけるものから梱包していきます。その際にその「引っ越し部屋」の床などもすべて掃除してきれいな状態にすることです。そこから引っ越し当日まで、子供の昼寝時間や幼稚園の時間を狙ってひたすら梱包、引っ越し部屋へ運搬していきます。
一つの部屋に運ぶことによって、段ボールがあちこちに散乱して子供が梱包済の段ボールに登って遊んでしまわないようにします。この引っ越し部屋は子供が入らないようにするのことが理想的ですが、どうしても入ってしまう場合は段ボールを子供が登れない高さに積み上げておきます。
引っ越し1週間くらい前になれば、おもちゃも最低限なもの以外は梱包できるので、よく遊ぶおもちゃだけ段ボールの箱を組んでそこに入れて開けられる状態でおいておきます。このおもちゃ箱は最後に梱包し、車移動で荷物に余裕がある場合は自分たちで運ぶ荷物として自家用車に積み込みます。そうすることによって、搬入が遅くなったり、段ボールの山でどこにおもちゃがあるかわからなくなった時の子供のぐずりを軽減することができます。
引っ越し当日、引っ越し業者さんが養生などをして搬出作業が始まりますが、どうしても気になるのが埃ではないでしょうか。搬入が始まったら片親が公園に連れて行って、その間に大物家具、引っ越し部屋の段ボールの山を運び出してもらいます。その後、簡単な掃除が終わったら子供は一旦部屋に戻します。
搬出が終わって、荷物は次の住居に向けて出発です。搬入に間に合うように、追いかけて行かなければなりません。一番のおすすめは居住近くのレイトチェックアウト可能なホテルに滞在、搬入は朝一番にお願いすることです。子供の活動時間に入る前に搬入が終わるのが理想です。
以上の方法で私は2人のちいさな子供を連れて何度も引っ越しをしてきました。子供がいるとなかなか作業が思うようにいきません。早すぎるくらいから引っ越し準備をはじめて当日バタバタしないように、少しでもスムーズな引っ越しができるといいですね。