「引っ越しはお金がかかる」。これは社会の常識のようになってしまっていて、誰も疑ったりしません。多少疑い深い人でも「できるだけ節約しよう」というレベルまでしか考えが至りません。しかし「引っ越しなどにお金を使うなんてまっぴらだ」「どんな手を使ってもいいから限りなく安く済ませたい」と切望しているかたが、どこかにきっといらっしゃるに違いありません。そういう方ににだけ、私が実際に行った究極の激安引っ越し法をご紹介させて頂きます(ただし運転免許のあるかた限定になります)。この方法で私は一万円とちょっとで引っ越しをしました。

なぜ高いのか

引っ越しはなぜお金がかかるのでしょうか。その理由はただひとつ「便利だから」です。電話一本でたくさんの作業員が駆けつけ、あっという間に作業をしてその日のうちに引っ越しが終わります。依頼主は手ぶらで移動するだけ。私たちはこの「楽」を高い料金で買っているに過ぎません。だとしたら、その「楽」を買い戻せば安く済むのでは? それが究極引っ越し法の基本の考え方です。このコンセプトを以下の順番で実現していきます。

まず捨てる

引っ越しとは、それまでの人生を省みる最高の機会でもあります。むりやりそう理由をつけて、この際に捨てられるものは徹底して捨てましょう。絶対に譲れないものだけを残し、あとは思い切って捨てる。荷物も捨てたくない、料金は安くしたいなんて両取りはできません。安さのために鬼になりましょう。まずはとにかく身軽になることが大事です。

各個撃破

大勢の人数を使って短時間でやるから高い。ならばこの真逆をやれば安くなるはずです。つまり少人数で長い時間をかけて作業すればいいのです。小規模な戦力で小さな勝ちを積み重ねると、やがて巨大な敵も倒すことができる。これが兵法の神様・孫子が説いた「各個撃破」の戦略です。これを用いて、さあいよいよ引っ越しをしましょう。

まずレンタカーで1トントラックを借ります。普通免許で運転できます。事前に減らしておいた荷物を、時間をかけて自力で積み込みます。すべて積み込んだら引っ越し先まで運転。到着したら、また時間をかけて運び入れます。終わったらレンタカーを返却します。これで終了です。

荷物が十分に減らせなかった場合は、二往復する必要がかもしれません。また、積み込みに数時間、運び入れるのに数時間と膨大な時間がかかると思います。でも全然大丈夫です。1トントラックは24時間借りて1万円くらい。つまり24時間の猶予があります。落ち着いて作業しましょう。大きなものを運ぶために作業する人数は二人以上が好ましいですが、一人でも工夫次第で想像している以上のものが運べます。怪我に気をつけて根気よく作業を続けましょう。

引っ越し当日はへとへとになりますが達成感は十分味わえます。安く上げた満足感もひとしおです。万人向けの方法ではありませんが、興味のある方はぜひトライしてみて下さい。「引っ越しはお金がかかる」。これは社会の常識のようになってしまっていて、誰も疑ったりしません。多少疑い深い人でも「できるだけ節約しよう」というレベルまでしか考えが至りません。しかし「引っ越しなどにお金を使うなんてまっぴらだ」「どんな手を使ってもいいから限りなく安く済ませたい」と切望しているかたが、どこかにきっといらっしゃるに違いありません。そういう方ににだけ、私が実際に行った究極の激安引っ越し法をご紹介させて頂きます(ただし運転免許のあるかた限定になります)。この方法で私は一万円とちょっとで引っ越しをしました。

なぜ高いのか

引っ越しはなぜお金がかかるのでしょうか。その理由はただひとつ「便利だから」です。電話一本でたくさんの作業員が駆けつけ、あっという間に作業をしてその日のうちに引っ越しが終わります。依頼主は手ぶらで移動するだけ。私たちはこの「楽」を高い料金で買っているに過ぎません。だとしたら、その「楽」を買い戻せば安く済むのでは? それが究極引っ越し法の基本の考え方です。このコンセプトを以下の順番で実現していきます。

まず捨てる

引っ越しとは、それまでの人生を省みる最高の機会でもあります。むりやりそう理由をつけて、この際に捨てられるものは徹底して捨てましょう。絶対に譲れないものだけを残し、あとは思い切って捨てる。荷物も捨てたくない、料金は安くしたいなんて両取りはできません。安さのために鬼になりましょう。まずはとにかく身軽になることが大事です。

各個撃破

大勢の人数を使って短時間でやるから高い。ならばこの真逆をやれば安くなるはずです。つまり少人数で長い時間をかけて作業すればいいのです。小規模な戦力で小さな勝ちを積み重ねると、やがて巨大な敵も倒すことができる。これが兵法の神様・孫子が説いた「各個撃破」の戦略です。これを用いて、さあいよいよ引っ越しをしましょう。

まずレンタカーで1トントラックを借ります。普通免許で運転できます。事前に減らしておいた荷物を、時間をかけて自力で積み込みます。すべて積み込んだら引っ越し先まで運転。到着したら、また時間をかけて運び入れます。終わったらレンタカーを返却します。これで終了です。

荷物が十分に減らせなかった場合は、二往復する必要がかもしれません。また、積み込みに数時間、運び入れるのに数時間と膨大な時間がかかると思います。でも全然大丈夫です。1トントラックは24時間借りて1万円くらい。つまり24時間の猶予があります。落ち着いて作業しましょう。大きなものを運ぶために作業する人数は二人以上が好ましいですが、一人でも工夫次第で想像している以上のものが運べます。怪我に気をつけて根気よく作業を続けましょう。

引っ越し当日はへとへとになりますが達成感は十分味わえます。安く上げた満足感もひとしおです。万人向けの方法ではありませんが、興味のある方はぜひトライしてみて下さい。「引っ越しはお金がかかる」。これは社会の常識のようになってしまっていて、誰も疑ったりしません。多少疑い深い人でも「できるだけ節約しよう」というレベルまでしか考えが至りません。しかし「引っ越しなどにお金を使うなんてまっぴらだ」「どんな手を使ってもいいから限りなく安く済ませたい」と切望しているかたが、どこかにきっといらっしゃるに違いありません。そういう方ににだけ、私が実際に行った究極の激安引っ越し法をご紹介させて頂きます(ただし運転免許のあるかた限定になります)。この方法で私は一万円とちょっとで引っ越しをしました。

なぜ高いのか

引っ越しはなぜお金がかかるのでしょうか。その理由はただひとつ「便利だから」です。電話一本でたくさんの作業員が駆けつけ、あっという間に作業をしてその日のうちに引っ越しが終わります。依頼主は手ぶらで移動するだけ。私たちはこの「楽」を高い料金で買っているに過ぎません。だとしたら、その「楽」を買い戻せば安く済むのでは? それが究極引っ越し法の基本の考え方です。このコンセプトを以下の順番で実現していきます。

まず捨てる

引っ越しとは、それまでの人生を省みる最高の機会でもあります。むりやりそう理由をつけて、この際に捨てられるものは徹底して捨てましょう。絶対に譲れないものだけを残し、あとは思い切って捨てる。荷物も捨てたくない、料金は安くしたいなんて両取りはできません。安さのために鬼になりましょう。まずはとにかく身軽になることが大事です。

各個撃破

大勢の人数を使って短時間でやるから高い。ならばこの真逆をやれば安くなるはずです。つまり少人数で長い時間をかけて作業すればいいのです。小規模な戦力で小さな勝ちを積み重ねると、やがて巨大な敵も倒すことができる。これが兵法の神様・孫子が説いた「各個撃破」の戦略です。これを用いて、さあいよいよ引っ越しをしましょう。

まずレンタカーで1トントラックを借ります。普通免許で運転できます。事前に減らしておいた荷物を、時間をかけて自力で積み込みます。すべて積み込んだら引っ越し先まで運転。到着したら、また時間をかけて運び入れます。終わったらレンタカーを返却します。これで終了です。

荷物が十分に減らせなかった場合は、二往復する必要がかもしれません。また、積み込みに数時間、運び入れるのに数時間と膨大な時間がかかると思います。でも全然大丈夫です。1トントラックは24時間借りて1万円くらい。つまり24時間の猶予があります。落ち着いて作業しましょう。大きなものを運ぶために作業する人数は二人以上が好ましいですが、一人でも工夫次第で想像している以上のものが運べます。怪我に気をつけて根気よく作業を続けましょう。

引っ越し当日はへとへとになりますが達成感は十分味わえます。安く上げた満足感もひとしおです。万人向けの方法ではありませんが、興味のある方はぜひトライしてみて下さい。「引っ越しはお金がかかる」。これは社会の常識のようになってしまっていて、誰も疑ったりしません。多少疑い深い人でも「できるだけ節約しよう」というレベルまでしか考えが至りません。しかし「引っ越しなどにお金を使うなんてまっぴらだ」「どんな手を使ってもいいから限りなく安く済ませたい」と切望しているかたが、どこかにきっといらっしゃるに違いありません。そういう方ににだけ、私が実際に行った究極の激安引っ越し法をご紹介させて頂きます(ただし運転免許のあるかた限定になります)。この方法で私は一万円とちょっとで引っ越しをしました。

なぜ高いのか

引っ越しはなぜお金がかかるのでしょうか。その理由はただひとつ「便利だから」です。電話一本でたくさんの作業員が駆けつけ、あっという間に作業をしてその日のうちに引っ越しが終わります。依頼主は手ぶらで移動するだけ。私たちはこの「楽」を高い料金で買っているに過ぎません。だとしたら、その「楽」を買い戻せば安く済むのでは? それが究極引っ越し法の基本の考え方です。このコンセプトを以下の順番で実現していきます。

まず捨てる

引っ越しとは、それまでの人生を省みる最高の機会でもあります。むりやりそう理由をつけて、この際に捨てられるものは徹底して捨てましょう。絶対に譲れないものだけを残し、あとは思い切って捨てる。荷物も捨てたくない、料金は安くしたいなんて両取りはできません。安さのために鬼になりましょう。まずはとにかく身軽になることが大事です。

各個撃破

大勢の人数を使って短時間でやるから高い。ならばこの真逆をやれば安くなるはずです。つまり少人数で長い時間をかけて作業すればいいのです。小規模な戦力で小さな勝ちを積み重ねると、やがて巨大な敵も倒すことができる。これが兵法の神様・孫子が説いた「各個撃破」の戦略です。これを用いて、さあいよいよ引っ越しをしましょう。

まずレンタカーで1トントラックを借ります。普通免許で運転できます。事前に減らしておいた荷物を、時間をかけて自力で積み込みます。すべて積み込んだら引っ越し先まで運転。到着したら、また時間をかけて運び入れます。終わったらレンタカーを返却します。これで終了です。

荷物が十分に減らせなかった場合は、二往復する必要がかもしれません。また、積み込みに数時間、運び入れるのに数時間と膨大な時間がかかると思います。でも全然大丈夫です。1トントラックは24時間借りて1万円くらい。つまり24時間の猶予があります。落ち着いて作業しましょう。大きなものを運ぶために作業する人数は二人以上が好ましいですが、一人でも工夫次第で想像している以上のものが運べます。怪我に気をつけて根気よく作業を続けましょう。

引っ越し当日はへとへとになりますが達成感は十分味わえます。安く上げた満足感もひとしおです。万人向けの方法ではありませんが、興味のある方はぜひトライしてみて下さい。「引っ越しはお金がかかる」。これは社会の常識のようになってしまっていて、誰も疑ったりしません。多少疑い深い人でも「できるだけ節約しよう」というレベルまでしか考えが至りません。しかし「引っ越しなどにお金を使うなんてまっぴらだ」「どんな手を使ってもいいから限りなく安く済ませたい」と切望しているかたが、どこかにきっといらっしゃるに違いありません。そういう方ににだけ、私が実際に行った究極の激安引っ越し法をご紹介させて頂きます(ただし運転免許のあるかた限定になります)。この方法で私は一万円とちょっとで引っ越しをしました。

なぜ高いのか

引っ越しはなぜお金がかかるのでしょうか。その理由はただひとつ「便利だから」です。電話一本でたくさんの作業員が駆けつけ、あっという間に作業をしてその日のうちに引っ越しが終わります。依頼主は手ぶらで移動するだけ。私たちはこの「楽」を高い料金で買っているに過ぎません。だとしたら、その「楽」を買い戻せば安く済むのでは? それが究極引っ越し法の基本の考え方です。このコンセプトを以下の順番で実現していきます。

まず捨てる

引っ越しとは、それまでの人生を省みる最高の機会でもあります。むりやりそう理由をつけて、この際に捨てられるものは徹底して捨てましょう。絶対に譲れないものだけを残し、あとは思い切って捨てる。荷物も捨てたくない、料金は安くしたいなんて両取りはできません。安さのために鬼になりましょう。まずはとにかく身軽になることが大事です。

各個撃破

大勢の人数を使って短時間でやるから高い。ならばこの真逆をやれば安くなるはずです。つまり少人数で長い時間をかけて作業すればいいのです。小規模な戦力で小さな勝ちを積み重ねると、やがて巨大な敵も倒すことができる。これが兵法の神様・孫子が説いた「各個撃破」の戦略です。これを用いて、さあいよいよ引っ越しをしましょう。

まずレンタカーで1トントラックを借ります。普通免許で運転できます。事前に減らしておいた荷物を、時間をかけて自力で積み込みます。すべて積み込んだら引っ越し先まで運転。到着したら、また時間をかけて運び入れます。終わったらレンタカーを返却します。これで終了です。

荷物が十分に減らせなかった場合は、二往復する必要がかもしれません。また、積み込みに数時間、運び入れるのに数時間と膨大な時間がかかると思います。でも全然大丈夫です。1トントラックは24時間借りて1万円くらい。つまり24時間の猶予があります。落ち着いて作業しましょう。大きなものを運ぶために作業する人数は二人以上が好ましいですが、一人でも工夫次第で想像している以上のものが運べます。怪我に気をつけて根気よく作業を続けましょう。

引っ越し当日はへとへとになりますが達成感は十分味わえます。安く上げた満足感もひとしおです。万人向けの方法ではありませんが、興味のある方はぜひトライしてみて下さい。「引っ越しはお金がかかる」。これは社会の常識のようになってしまっていて、誰も疑ったりしません。多少疑い深い人でも「できるだけ節約しよう」というレベルまでしか考えが至りません。しかし「引っ越しなどにお金を使うなんてまっぴらだ」「どんな手を使ってもいいから限りなく安く済ませたい」と切望しているかたが、どこかにきっといらっしゃるに違いありません。そういう方ににだけ、私が実際に行った究極の激安引っ越し法をご紹介させて頂きます(ただし運転免許のあるかた限定になります)。この方法で私は一万円とちょっとで引っ越しをしました。

なぜ高いのか

引っ越しはなぜお金がかかるのでしょうか。その理由はただひとつ「便利だから」です。電話一本でたくさんの作業員が駆けつけ、あっという間に作業をしてその日のうちに引っ越しが終わります。依頼主は手ぶらで移動するだけ。私たちはこの「楽」を高い料金で買っているに過ぎません。だとしたら、その「楽」を買い戻せば安く済むのでは? それが究極引っ越し法の基本の考え方です。このコンセプトを以下の順番で実現していきます。

まず捨てる

引っ越しとは、それまでの人生を省みる最高の機会でもあります。むりやりそう理由をつけて、この際に捨てられるものは徹底して捨てましょう。絶対に譲れないものだけを残し、あとは思い切って捨てる。荷物も捨てたくない、料金は安くしたいなんて両取りはできません。安さのために鬼になりましょう。まずはとにかく身軽になることが大事です。

各個撃破

大勢の人数を使って短時間でやるから高い。ならばこの真逆をやれば安くなるはずです。つまり少人数で長い時間をかけて作業すればいいのです。小規模な戦力で小さな勝ちを積み重ねると、やがて巨大な敵も倒すことができる。これが兵法の神様・孫子が説いた「各個撃破」の戦略です。これを用いて、さあいよいよ引っ越しをしましょう。

まずレンタカーで1トントラックを借ります。普通免許で運転できます。事前に減らしておいた荷物を、時間をかけて自力で積み込みます。すべて積み込んだら引っ越し先まで運転。到着したら、また時間をかけて運び入れます。終わったらレンタカーを返却します。これで終了です。

荷物が十分に減らせなかった場合は、二往復する必要がかもしれません。また、積み込みに数時間、運び入れるのに数時間と膨大な時間がかかると思います。でも全然大丈夫です。1トントラックは24時間借りて1万円くらい。つまり24時間の猶予があります。落ち着いて作業しましょう。大きなものを運ぶために作業する人数は二人以上が好ましいですが、一人でも工夫次第で想像している以上のものが運べます。怪我に気をつけて根気よく作業を続けましょう。

引っ越し当日はへとへとになりますが達成感は十分味わえます。安く上げた満足感もひとしおです。万人向けの方法ではありませんが、興味のある方はぜひトライしてみて下さい。