引越しをする場合、まず引越しの規模を考える必要があります。
何故なら、引越しの規模によって方法が変わってくるからです(個人~家族まで)。
ここでは4つの引越しタイプを考えてみたいと思います。
長所/短所を見極めたうえで、是非あなたにあった引越しタイプを選んでみてください。

○大手引越し会社…
料金面に関して多少高いかもしれませんが、大量の荷物を運ぶという面を考えればもっとも信頼性が高いと思います。
そして引越し先が長距離(遠い場所)であればあるほど、大手引越し会社が最適だと思います(確実&信頼性)。
また事前にダンボール/ガムテープといった梱包グッズを送付してくれるため、非常に引越し準備もスムースに運ぶことができます。
ちなみに引越し作業員のほとんどはアルバイトですが、その教育は徹底されています(挨拶や行動)。

○地元の中小引越し会社…
地元の中小引越し会社の場合、押しなべて料金は安くなっています。
しかし見積もり方法など、引越し会社によってかなり違っているため、きちんと確認する必要があるといえます。
(ちなみに近隣に引越し/荷物が少ない場合、最適の引越し業者だと思います。)

○単身者向けパック…
普通乗用車には掲載できないが、トラックでは大き過ぎる~こういう人の場合、単身者向け宅配便荷物パックがベストかもしれません。
例えば日通のペリカン便「単身者パック」は、「高さ1.5×幅1.1×奥行き0.8メートルのボックス」で引越しができ、荷物の量によってボックスを数台利用することもできます。
料金もかなり安く、一人暮らし/荷物の少ない人には最適だと思います。

○レンタカー…
レンタカーを借りて引越しをすれば、レンタカー代金/手伝ってくれた友人の食事代ぐらいで引っ越しをすることができます。
しかし、問題点があることも把握しなければなりません。
例えばベッドやソファといった大きなモノを2階~3階に運ぶとき、危険を伴う可能性があることです。
さらにレンタカーで荷物を運搬中に発生したトラブルは、すべて自己責任になるということです。
そうしたことを踏まえて、レンタカー引越しを考える必要があります。